トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

今年の婚約記念日。

おいら達夫婦の婚約記念日。9月9日。「ナイ・ナイ」って感じで。覚えた?

去年の婚約記念日は、Sydneyに来て間もない頃やったな。そん時は、Sydney湾から出てる船に乗って祝ったわ。ランチ・クルーズってやつやね。約1時間くらい、Sydney近郊のクルーズを楽しんだ。おいら達は、船の上でビールなんかを片手にお祝い。寒かったけど楽しかったわ。

でも、あとで、その船に乗って祝った日が、1日ずれてた…ってことに気付いたんやけどね。最悪…。まっいいか。この夫婦には十分あり得ることや。おいら達が日にちを間違えたんじゃなくて、地球全体が間違えた、って思えばいいやろ。

んで、ここからが本題。今年の婚約記念日。んはは。今度は間違えん。今年の9月9日の予定はもう決まってるんや。聞きたい?聞きたいやろ?いいから聞け。

なんと。おいらの大好きな世界No.1のエンターテイメント集団「Cirque du Soleil」のSydney公演を観に行くことが決定しているのだ。公演題目は「VAREKAI」。日本はまだ未公演やね。ここがキモ。ある意味自慢やからね。

めちゃくちゃ楽しみ。日本では、全ての公演を見てるくらいのオタクぶり。メンバー全員の名前と生年月日を言えるくらいやもん。嘘やけど…。でも、それほど好き。大好物。食べたい。

そんなチケットが最近、チケット会社から届いたのだ。目から鼻血が出るほど大興奮。早く見たい。そのチケット今は、おいら達の家宝として、部屋に奉られてるわ。

では、その自慢のチケットを、自慢げに載せるわ。

Dscf1426

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ショッピング。

この前の日曜日。天気は晴れ。気温は20℃。湿気は20%。不快指数は5%。全ておいらの予想。こんな日曜日に、夫婦でショッピングに行って来たわ。しかも、初のパルサーちゃんでのドライブ。行った先は、Sydney Olimpic Park(2000年Sydney五輪会場)のすぐ側にある、アウトレット専門街。日本で言えば、御殿場(静岡県)のアウトレットモールみたいなもんやね。

初めての道やったから、もちろん行きは迷子の子猫ちゃん。乗らなくていい高速道路に乗ってしまうは、そんで払いたくもない高速料金を徴収されるわ 、降りた高速の出口は全く解らん土地やったし、散々やったわ。実際は45分くらいで着くはずなのに、行きは90分くらいかかったような・・・。なっ!?奥様!?奥様は助手席で地図をずっと見ていたはずなのに…。なっ!?奥様!?しつこい?

そんなこんなで無事に着いた先は、スポーツブランドの「NIKE」や「PUMA」や「adidas」の専門ショップ。しかも、全ての商品が激安で売られてるんや。おいらよりも、奥様の目がハートになってたわ。声かけても反応なし。本当はいろいろ欲しかったんやけどね。なんてたっておいらたち一文無しやから。暖かいのはハートだけ。んで、おいらたち貧乏夫婦が買ったのがコレ・・・。

Dscf1418_1 奥様の出勤用の「PUMA」のバッグ。おいらの臭い靴は卒業のための「NIKE」のシューズ。あと「NIKE」のキーチェーン。夫婦兼用の「adidas」のソックスやね。おいらが占領するんやろうけど。これら全て合計で90㌦(8000円)くらいやで。安いやろ。

そう言えば、帰りの道中、隣を走ってる車を見たら、後部座席に「ヤギ」2匹が乗ってた。窓から顔だけ出してたわ。あれは、犬やない!絶対にヤギや。ヤギのドライブや。オーストラリア恐るべしや。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

試合観戦。

先週の土曜日は、夫婦で水泳の試合を見に行ってきたのだ。最近、試合観戦してなかったから楽しみにしてたわけ。夫婦揃っての試合観戦は、3回目やね。最初は2005年の日本選手権。こっちに来てから2回目。今回は、友達のRYOコーチの教え子が出場するから、それの応援が目的。選手は、今後の大きな大会に出場するための制限記録を突破するのが、この試合の目標やったみたいやね。

試合は、小さいお子ちゃまから、20歳前後の人たちまで出場してた。楽しかったわ。あの試合の独特の雰囲気が良いね。久しぶりって感じ。あと、小さなお子ちゃまが、必死に泳いでいる姿。言っちゃいけないんだろうけど「可愛かった」わ。特に、うちらのお気に入りは、ピンクの可愛い水着を着て必死に泳ぐ女の子。あんなに小さなお子ちゃまが、バタフライとか泳いでる。泳ぎ終わったあと、小さいからなかなかプールから上がれん。あり得ん。でも可愛い。めちゃ可愛い。お持ち帰りしたい。してみる?夫婦でたくらんでたわ。

今回、スタンドから試合を見てて思ったんやけど、お子ちゃまたちのレースは、みんな蛇行して泳ぐなぁ…って。いろいろな理由があるんやろうけど。練習中は左側通行(日本は右側通行やね)やからね。それが癖になってるんかね。100㍍の種目が、蛇行することによって101、102㍍になっちゃもったいないわぁ…って夫婦で思ったわ。まっ、試合を観戦することによって、いろいろ勉強させてもらったわ。お子ちゃまのお持ち帰りは、失敗…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

レベル・アップ。

今日の日記を読む人は、ハンカチを手にした方がええで。そして、映画「ロッキー」のテーマ曲をBGMにしながら読むと、ますます臨場感アップ。

昨日の水泳レッスン。最後の最後に嬉しいことがあったのだ。それは…いや。内緒にしよう。もったいない。でも知りたい?しょうがない…。

なんと!おいらが教えている子供の1人Ben君が、次のクラスにレベルアップしたのだ。こいつは、おいらが自分のクラスを持たされた頃から寄生している「おいらの一期生」。最初は本当に下手やった…。プールに泳ぎに来たくせに、プールの水をガブガブ飲んで帰る。喉が乾いてるのか?Benが帰った後には、プールの水深が50㌢は下がってる。そして、クロールを泳がせても、肩に不必要に力を入れちゃって腕が回らない。背泳ぎのキックをさせたら、ゴボゴボと沈没船のように沈んでいく。おいらの中での奴のあだ名は「難破船」。

そんな状態やったのに…子供の成長は早い。Benの、素直に人の話を聞けて実践できる性格のおかげなのか。いや…おいらの手腕か?“野村マジック”ばりの「jimeマジック」が炸裂したか?まっ、なんにせよ、Benは来週から次のクラスにアップ。クロールも背泳ぎもバッチリになってしまった。プールサイドで見ていたBenのお母ちゃんの目は潤んでた。そして「jime。ありがとう。本当にありがとう。あなたはこの子の神様や…」って言ってた。いや…そう見えた。おいらの妄想かも…。

まっ、これからもたくさんの子供たちと関わって、水泳の楽しさを教えてあげられればいいわ。

Dscf0475 水泳初心者用のサブプールや。水温も高めでポッカポカ。約10㍍のプールが6レーン。ここを卒業したら、隣の25㍍プールにレベル・アップなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新しい家族。

先日、おいら達夫婦に新しい子供が生まれた。名前は「RODY」。自分の名前を脇腹に刺青いれてる。そして、たぶん女の子。だってアレがついていなし、あることをやってのけたから。

たぶん人間じゃない。言葉も話せない。表情も変えない。自分で動くことが出来ない。しかも成長もしない。まさに…問題児。でも、食事をすることもなく、排泄行為もないので育てやすい。

しかも、こいつ人間よりもすごいことができる。約300㌔の巨体も担ぐことができるのだ。人間では到底無理。でも、こいつはそんな巨体を自分の背中に乗せても、汗一つかかない。すごい…。すごすぎる…。

そんな超人RODYは、またもやすごいことをやってのけた。それは…出産!!やっぱりRODYは女性やった…。下の写真の中で、RODYの背中に乗せているのが、こいつの子供たち。小さくて可愛いんやけど、おいら達夫婦は若くして、もう孫ができたしまったわ…。はぁ…。時が経つのは早いもんやね。

Dscf1401

| | コメント (3) | トラックバック (0)

24。

またまた書くわ。我が家の今、はまっているドラマ第二弾。

それは…!!「24 Twenty-Four」

アメリカのTVドラマ。テロ部隊VSテロ対策ユニット(CTU)の捜査官の戦いを、現実の時間進行と同じ速度で映し出していくリアルタイムドラマやね。日本でも大人気でしょ。1シーズン24話。ってことで、ドラマの内容はたった“ある日の1日”のみ。これがすごいね。なかなか、ありえないこともあるけど。でも痛快で面白い。捜査官が、どんどん単独捜査でテロ犯人を追い詰めていく。ハラハラするし、安心もするし。遊園地みたいなドラマ。

このドラマの主演俳優(=捜査官)は、日本でも大人気。おいら達夫婦も大好き。カロリーメイトのCMにも出演してたね。ご存知、Kiefer Sutherlandちゃん。いや、オヤジ。渋くてかっこいいわ。シリーズを追うごとに、どんどん髪が薄くなってきたのもいい味出してる。その彼、この「24」ドラマで俳優人生大成功をおさめたようで、なんと、今回新たに4000万㌦の「24」シリーズ契約延長にサインしたみたい。4000万㌦って言ったら、日本円で…約47億円らしい…。あかん。そんなのあかん。何に使うの?そんな大金。恨めしい。嫉妬の嵐。ずるい。でも羨ましい…。

まっ、それはさておき。おいらは、次に生まれ変わったらJack Bauer(=捜査官)と同じ仕事をするわ。テロ対策ユニットで働く。これ決まってる。誰がなんと言おうと。でも、「救命病棟24時」の進藤先生みたいな医者も捨てがたい…。じゃ、銃をバンバン撃ちながらの、救命救急医。これって…素敵。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

救命病棟24時。

最近のおいら達夫婦は、TVドラマ「救命病棟24時」にはまってるのだ。詳しく言えばPART2やね。松雪○子さんが出演してるやつ。ちょいと、このドラマを入手して、夫婦揃って毎晩のように観賞してるのだ。このドラマ、本当に面白い。面白いって言うか「命」の尊さを教えてくれるわ。話の進み方もテンポが良くて、脚本も心に響くような内容で。主役の江口○介演じる進藤先生は、ちょぉぉかっこいい!!おいらは、次に生まれ変わったら「救命救急医」になることは決定済み。誰がなんと言おうと、医者になるのだ。奥さんは、そんな野望を持つおいらに呆れてるけど、陰では自分の髪をアレンジして「松雪○子」ヘアにして、女医気分を楽しんでる。今度、白衣を買ってあげなくちゃ。ダメダメ。これではコ○プレに走ってしまう。お互いアホや…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パルサーちゃん降臨。

昨日は晴天だったオーストラリアはシドニー。洗濯物の乾きも異常に早い。炊いたご飯もいつもよりもおいしい。同じ炊飯器なのに…。夫婦顔を合わせるために、口元が揺るぐ。奥さんは歌を口ずさむ。でも、下手…。今日は運命の日。

そして、15時05分。おいらたち夫婦の目の前に、ピンク色のパルサーちゃんが降臨した。

オーストラリア生活10ヶ月目にして、念願のおいら達専用の車を手に入れた。これで、何処へでも行ける。通勤まで往復20㌔の道を自転車漕がなくてすむ。買い物に行っても、重い荷物を持って指が充血することもなくなる。言葉にならない感動。

ここでパルサーちゃんのプロフィールを紹介。

【本名】日産:パルサー

【生まれ】1990年:16歳

【肌の色】生まれてきた時は赤だったが、現在は色あせてピンク色

【特徴】 ハンドルを離すと左に走る/ラジオが聞けない/部屋の明かりがつかない…などなど

でも、本当に可愛いパルサーちゃん。これからもよろしく。今度はパルサーちゃんを写真で紹介するわ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

頑張れ。魔裟斗。

長い一週間もやっとこ終了。明日の日曜日は何かが起こるのだ!!それが楽しみ!!詳しくは明日書くわ。

今日はプールのコーチスタッフが集まってのmeetingがあったんだけど…はい、案の定、英語が理解できなくて辛かったわ。内容は、「スタッフ皆の共通理解をもう一度整理しよう!」ってことが目的のmeetingやったんだけどね。「言葉で教えるよりも、見本を見せたほうが子供達は理解しやすい」とか「子供は物真似が好きだから、そういう要素も取り入れよう!」とかそんな内容。たぶん…。いや、絶対。でも楽しかったな。こういう機会はコーチスキルもレベルアップするだろうし、英語も学べるからおいしいわ。長時間の会議じゃないから飽きないし。モチベーションも上がるし。もっとやってほしいわ。たぶん周りのスタッフは嫌がるやろうけど。

そうそう、インターネットを閲覧してたら、なんと!「K-1 World MAX 2006」で大好きな魔裟斗が小比類選手と戦う、って載ってたやん。こりゃ楽しみやね。なんとしても大好きな魔裟斗に勝ってもらいたいけど。どうなるにゃろ?来月はサッカーのW杯にK-1や。萌えてくるで~!。いや、燃えてくるで~!やった…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英語で怒る。

おいらは、奇跡的にこのオーストラリアで水泳のコーチとして働かせてもらっている。オーストラリア生活での最大の目標が「オーストラリアで水泳のコーチになる!」ってことだったから、もちろんすごく嬉しいこと。しかも渡豪前に日本のいろいろな留学エージェントに話を聞きにいったら「オーストラリアでコーチとして雇ってもらえることは難しいし、可能性は無いですよ…」だって。見たか!?お主ら!!って言いたいわん。

でも、この仕事に就けるまでには、本当にたくさんの人たちに協力してもらった。人と人との繋がりがあって、奇跡的にこの仕事に就けた。協力してくれた方々に本当に感謝、感謝、感謝。足を向けて寝られないね。寝てるけど…。

おいらが、働かせてもらっているプールは、オーストラリアでも伝統のある名門クラブ。詳しくは「LINK」を見れば載ってるよん。そこで、5、6歳の子供達に水泳を教えてる。顔を水につけられない子、クロールが10㍍なら泳げる子、背泳ぎが10㍍なら泳げる子、などなど、レベル別にクラスが分けられている。おいらは、その水泳初心者たちを“英語”で教えてる。TOEICを受けたら100点台、そんな奴が英語で教えてる…。子供たちも、おいらの英語を理解してくれてるのか、はたまたレッスン・パターンを覚えてるのか、どうにかレッスンをこなしてくれる。本当に可愛いガキ、いや…お子ちゃま達。

そんなおいらが今悩んでるのが、くっちゃべって人の話を聞かないガキに“英語で怒る”こと。これが英語初心者にはできん。何て言えばいいんだろ?日本語だったら、「やかましいわぁぁ!このクソガキ!!」で済む?んだけど、英語では…?昔は、心をグッとこらえて、「すいません。静かにしていただけますか?」って英語で言ってた。もちろん、そんな丁寧に言われてもガキ、いやお子ちゃま達は、おしゃべりを止めない。最近は「口を閉じなさい!」って言い出した。それでも、一瞬はおしゃべりを止めるんだけど、すぐに開く。ワンちゃんによくしている吠えないための矯正道具でも使ってやろうか?って思うわ。

まっ、こういう経験は日本ではできないしね。コツコツ、焦らずにやね。

Dscf0505

働かせてもらっているプール。去年の暮れに改装されたからめちゃくちゃ綺麗。ってプールの改装費っていくらなん?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

結婚式スタイル。

オーストラリアに流れ着いて早10ヶ月。とてつもなく長い新婚旅行やね。おいら達夫婦が結婚して早15ヶ月。頭が切れる人は1秒で解ると思うけど、うちら夫婦の新婚生活はほとんどがオーストラリアで過ごしてることになる。

そして気づいた。うちらが結婚式をまだ挙げていないってこと、を…。

知り合いや友人の結婚式には、たくさん行かせてもらったけど、自分達のは挙げてないやん。こりゃやばい。奥さんのお腹がブヨブヨになる前にドレスを着させてあげなくては。お腹がポッコリ出ている奥さんの未来の姿を想像すると…やばい、やばい。

そして、最近、インターネットで式場検索を始めた。やっぱり結婚式は日本で、できれば生まれ育った世界一の街「横浜」で挙げたい。親のこともあるし、友人たちのこともあるしね。検索していくと、本当に色々な式場が画面に出てくるわ。

みなとみらいの夜景を見ながらの式、サザンオールースターズの歌詞にもある「マリンルージュ号」(豪華船)での式。外人墓地周辺をロールスロイスに乗りながら写真も取ってくれちゃう式。ハァハァ・・・もう生唾もんやね。

しかも、現代のハイテク結婚式は、ホテル/式場だけでなく、レストランで挙げる人も多いみたいやね。あとディズニーランドとかのテーマパークも。

挙式スタイルだけでも、キリスト教式、仏前式、神前式?、人前式??ってあるやん。これは一大事や。

そのうち、できちゃった結婚した人とかが、子供が生まれた瞬間に式を挙げたりするんやない?病院式ってスタイルで。ある意味…感動やけどね。

まっ、取り合えずおいらは目ぼしい式場のパンフレットを今、取り寄せ中。楽しみだわ。どんな結婚式にしようか。おいらは競泳選手の出身だし、奥様は少林寺拳法選手の出身だし。プールの中か、もしくは道場での結婚式…?いいかも♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

好きな言葉。

突然ですが、今日から日記を書くことにした。しかも、ここオーストラリアの地で。

理由は単純。知り合いや有名人のBlogを見ていたら、自分も書きたくなっちゃったから。どこまで続くか解らないけど、やると決めたからには頑張ってみよう。将来、子供が大きくなったら、パパとママはこんな生活をしてたんだよ、って見せれるやん。それって感動でしょ。まだ子供はいないけど…。

じゃぁ、人生初の日記の初日だから、おいらの好きな言葉を綴っておこう。老いたら忘れちゃうからね。

  考えが変われば行動が変わる

  行動が変われば習慣が変わる

  習慣が変われば人格が変わる

  人格が変われば運命が変わる

Dscf1240_2

こんなポーズで好きな言葉を噛み締めてみると、心が落ち着いて、やる気が出るよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »